写真を選ぶポイントチラシや名刺、ポスターなど選挙グッズ制作するためには、候補者の写真が必要です。多くの有権者に好印象を与えるためにも、選挙グッズに使用する写真の選び方に気をつける必要があります。そこで、こちらでは写真を選ぶ3つのポイントについて紹介します。

自分らしさが出ている

好印象をあたえるためにも、清潔で綺麗な写りの写真を使用したいと思うのは当たり前のことです。しかし、実際の候補者とは別人に見えないように注意をしながら写真を選ぶ必要があります。

選挙ポスター用の写真を撮る際に、皮膚の質感や反射を抑えるために、メイクをした状態で撮影することがよくあると思います。しかし、メイクが濃すぎて別人に見えてしまう写真はかえってポスター用としては適していません。メイクをしている写真を選ぶなら(もしくは撮影用にメイクをするのであれば)、ナチュラルメイクで自分らしさがしっかりと出ている写真を選ぶようにしましょう。

自然な表情とアングル

選挙用の写真として、表情が笑顔のものを選ぶ方は多くいらっしゃると思います。真面目な硬い表情も誠実そうに見えますが、笑顔の写真は親しみが感じられます。硬くなりすぎず、自然な表情であれば好感を得ることができるでしょう。

また、表情だけではなくアングルも大切です。バストショットの写真を選ぶ方は多いと思いますが、ニーショットや顔のクローズアップといったアングルの写真を選ぶのも1つの方法です。選挙グッズを制作する際に大切なことは、候補者のイメージに合ったデザインにすることですから、表情やアングルにこだわって写真を選ぶことをおすすめします。

イメージに合った衣装(服装)を着ている

有権者に与えたいイメージを決め、そのイメージに合った衣装(服装)を着ていることが重要なポイントです。スーツにネクタイといったビジネス・フォーマルな格好は、見た人に誠実そうなイメージを与えることができるでしょう。

スーツを着用する際には、スーツやネクタイの色や柄など細かい部分にも気を使う必要があります。親しみやすいイメージを与えたいという場合には、あえて私服の写真を選ぶのも1つの方法です。私服だとイメージが柔らかくなることもあり、リーフレットやチラシ、名刺などでプロフィールに使用する写真を私服でというパターンもあります。なにはともあれ、有権者に他の候補者とは違ったイメージを与えることも大切ですし、候補者の色々な側面を見てもらうことも1つの方法です。
 

納得のいく写真が決まり、選挙グッズの制作をお考えなら、ぜひ当社をご利用ください。当社ではポスターやチラシ、のぼり、名刺、たすきなど様々な選挙グッズの制作を承っております。また、写真撮影がまだこれからで、どうしたらいいか?というお悩みをお持ちでしたらご安心ください、カメラマン(スタジオ)のご紹介もさせていただきます。

デザインが決まらずお悩みの方も安心してご利用いただけるよう、お客様のご要望があれば当社では打合せをしながらデザインの制作を行っております。数多くの選挙を経験したスタッフが対応させていただきますので、価格や納期など詳細についてはお気軽にお問い合せください。